不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

再就職の記事一覧

スポンサーサイト

老後資金のための節約

老後生活の資金は、夫婦で25年暮らすという設定で計算すると、だいたい5千万を超える金額が必要とされています。結構びっくりするぐらいの数字かと思います。しかし、現在の経済状況を考えると、早いうちから備えなければならない事だけは確かです。少しでも多くの資金を老後に残すためのポイントとしては、運用で増やすことと同時に、家計の支出を抑えることが大切です。すぐに思い浮かんで、実行できることは、コンセントを抜...

解雇理由ランキング

解雇理由で多いものとしては、・遅刻や早退が多い・業務命令を拒否した・うつ病などの病気・会社に合っていない・能力が低いなどがあります。しかし、雇用者が労働者を解雇する条件として、「客観的で合理的な理由」と「その理由が就業規則に書かれている」ことが前提となっています。そして、一般に考えられているよりも、正当だと認められる解雇理由のハードルは非常に高くなっています。先ほど例にあげた解雇理由で多いものも、...

解雇通知書

解雇通知書とは何でしょうか。それは雇用者が労働者に解雇することを通知する書類のことを指します。解雇するには30日以上前に通知する必要があります。郵送の場合は、「配達証明付内容証明郵便」で送るのが通常送付方法でしょう。送付方法の違いから見て、解雇通知書は、重要な書類です。解雇通知書には、解雇される日付、解雇理由などがしっかり記載されます。解雇理由が就業規則に明記されていないようであれば、それは不当な解...

女性の再就職

ここでは女性の再就職については、考えたいと思います。女性の場合、男性と違い、結婚や出産、子育てなどが絡んできます。そういう点では、男性よりも再就職活動が大変かもしれません。女性の再就職は、年代や配偶者の有無、子供がいるかどうかによっても非常に変わってくると思います。実際、結婚や妊娠を理由に退職してしまう女性が多いと思います。需要の高い資格を持っていたり、即戦力になれるような実力がないと、再就職はか...

懲戒解雇時の対応策

懲戒解雇された時の対処についてです。まず、その懲戒解雇が正当なものかをしっかりと確認してみてください。懲戒解雇は、懲戒処分としては、一番重いものです。通常の場合であれば、退職金も支払われません。よく覚えておいてください。会社サイドが懲戒解雇をするためには、会社の就業規則に懲戒規定が記載されている必要があります。確認してみてください。その会社の就業規定に定められていない理由での懲戒解雇処分は、懲戒権...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。