不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

定年の記事一覧

スポンサーサイト

定年延長者の年金支払い

今回のテーマは定年延長者の年金支払です。不明な点はしっかりと社会保険庁や社労士に相談するのが一番ではないでしょうか。それでは本題に入ります。定年延長者の年金の支払いについては、今のところ、69歳まで徴収されるようになっています。厚生年金は定額部分と報酬比例部分に分かれています。定額部分は40年以上保険料を支払うことができません。ですので、40年を超えて厚生年金を支払い続けた場合は報酬比例部分だけわずかに...

公務員の定年年齢や再就職について

公務員が定年退職する年齢は、職種によってかなり違います。国家公務員の場合、事務系職員は60歳で、あの事務次官でも62歳となり、研究所や試験所の所長や検疫所などの医師は65歳となります。最高裁判所、簡易裁判所の裁判官だけは70歳と高齢ですが、これは職務の特殊性を考慮しての設定かと思われます。。自衛官は階級により、53~62歳と定年退職年齢に結構差があります。地方公務員の定年退職年齢は、現時点で、6級以下は57歳、5...

定年退職の時の挨拶

今回は定年退職時の挨拶についてです。定年退職の時の挨拶のやり方にも、人柄というものが出るものです。日頃、人前でスピーチしたり、大勢の前で話す機会があまりない人でも、定年退職の挨拶くらいはしっかりとやりたいものですね。その挨拶がうまくいく秘訣は、まず、事前にスピーチ内容を考えましょう。そして、何度か声を出して練習しておくといいです。周囲の人への感謝や励ましなどをできるかぎり自分の言葉で表現したいもの...

定年退職後の就職

さて、今回は定年退職後の就職についてです。まずは、失業保険受給の手続きをしておきましょう。勤続年数に応じて、失業保険をもらうことができます。焦らずにじっくりと自分に合った再就職先を探してください。失業保険の被保険者期間が5年以上あった時、60歳以降の賃金が60歳の時点に比べて、75%未満に下回った状態で働き続けると、高年齢雇用継続給付金が支払われるケースがあります。65歳になるまでもらえる可能性があります...

定年退職後の趣味は何がいいか

さて、今趣味はお持ちですか?これ重要ですよ!定年退職後にする趣味の種類は、非常に多岐にわたっています。山登りや盆栽、釣り、ゲートボールといった定番の趣味から、最近ではブログやホームページ作成、デジカメでの写真撮影などのパソコンを利用したものまで、みなさん様々です。その中でも、今、定年退職後の趣味として注目されているのが、セカンドライフを田舎で農業などしながら過ごすというもの。田舎でのんびりとした時...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。