不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

定年延長のメリットデメリット

定年延長のメリットデメリットについて今回はお話します。

最近は大企業や有名大学を中心に、定年延長へと変化してきているようです。年金支給年齢の延長や減額に伴い、昔のような年金生活はほとんどできなくなってきています。以前なら定年を迎える年齢になっても、できる限り定年を延長したいという人が増えている現状があります。

企業側も、優秀な人材を確保する方法として、定年延長はリスクもなく有効な手段になっているそうです。定年延長のメリットとしては、それまでの経験や知識を活かして働けることでしょう。

定年を迎えるような年齢では、新しい就職先を探すのも非常に難しいです。新しい職場に慣れるまでの時間も必要かもしれません。現在、勤めている会社に、定年延長制度があれば、そのまま、キャリアを活かすことができます。

定年延長のデメリットとしては、定年後の年齢がかなり高いものになってしまうため、再就職がさらに難しくなってしまう恐れがあります。しかし、大体の方が、定年延長して働く方がずっと多い収入を得られるのではないかと思います。

定年を迎える前に、しっかりと自分のライフプランを考えておくと、より充実した老後の生活が送れるでしょう。定年延長しなくても、今までの貯蓄や副収入で生活でき、やりたかったことや趣味などでのんびりと生活を送れるのが理想ですが、このご時勢、そのような方は少ないのではないでしょうか。

生涯現役を目指して、定年延長できれば会社員として、もしくはアルバイトなどで働き続ける人がほとんどでしょう。また年齢的なことから働かなくなると、特に男性は、認知症になりやすいと言われていますから、仕事をし続けるというのは、最大のボケ防止策かもしれません。動けるときは外の環境に触れられるようにしたいですね。



「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

«定年退職後の趣味は何がいいか | トップへ戻る |  »

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。