不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

会社都合退職と解雇の違い

会社都合退職解雇の違いに対して、しっかりした定義はありません。


懲戒解雇等を除いた形で考えますと、会社都合退職や解雇の場合でも、労働者側には非がなく、会社側に労働契約の解消の原因があるケースが多いかと思います。


例を挙げますと、業績不振による人員整理や倒産などが該当します。現状、解雇というよりも会社都合退職という方が両者にとって言葉の重みが軽くなるので、「会社都合退職」という言葉が使われています。


他に、強引な退職勧告やいじめ、セクハラ、親族の死亡、結婚や出産などの家庭事情も、会社都合退職の正当な理由になります。


会社都合退職解雇の方が、失業保険の給付を受ける上では有利になります。今、この状況におられる方は退職したい理由が会社都合退職に当てはまらないか確認してみましょう。


しかし、会社都合退職が明らかなケースでも、その証拠を明確にできないと認められない可能性もあります。特に、いじめやセクハラなどは立証が難しいため、注意が必要と思います。


雇用者側からすれば、労働者に「自己都合退職」してもらう方がなにかと都合がいいはずです。ある企業によっては「解雇よりも自己都合退職の方が再就職にプラスなるから」と言って、労働者側から退職届を提出させようとするケースも多いようです。


会社都合退職解雇の場合でも、労働者側が退職届を書く必要はありません。反対に退職届を書いてしまうと、自己都合退職として処理されてしまう可能性もあるので、その点は注意してください。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

«労働基準法における解雇 | トップへ戻る |  解雇通知書»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。