不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

パート解雇の実例

パート解雇のよくある実例としては、

・ファーストフード店で「店舗の改装」を理由に解雇
・造園店でほとんど仕事を教えてもらえず、いきなり解雇
・正社員からパートになった後、業務がこなせないほど増えて、残業を拒んだことによる解雇
・賃金未払いを労働基準監督署に内部告発したことを理由に解雇

などがあげられます。

ファーストフード店などでは、パートやアルバイトが長期間働いて熟練してくると、時給が上がり人件費が増えていきます。それを回避するために、理由をつけて解雇し、新しく時給が低くて済む人を雇うという例もあるそうです。

雇用者が個人事業主だったり、事業所の規模が小さいと、状況によっては労働基準法に違反するほど悪労働条件の場合があります。いきなり「明日から来なくていい」と言われることもあるので注意しましょう。

広告紙などで頻繁にパートやアルバイトの募集をしているところは、何か問題があるものです。離職率が高くないか確認しましょう。派遣社員からパートになった途端、いじめが始まり、自己退職に追い込まれるという実例もあります。

どのようなケースでも、解雇が不当だと思ったら、まずは労働基準監督署に相談しましょう。

もし、裁判などで争って、不当解雇が認められ、解雇を取り消せたとしても、そんな職場で働くのは辛いはずです。次の良い就職先を探すのも一つの方法かと思います。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

«解雇理由ランキング | トップへ戻る |  労働基準法における解雇»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。