不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

定年退職後の就職

さて、今回は定年退職後の就職についてです。

まずは、失業保険受給の手続きをしておきましょう。勤続年数に応じて、失業保険をもらうことができます。焦らずにじっくりと自分に合った再就職先を探してください。

失業保険の被保険者期間が5年以上あった時、60歳以降の賃金が60歳の時点に比べて、75%未満に下回った状態で働き続けると、高年齢雇用継続給付金が支払われるケースがあります。

65歳になるまでもらえる可能性があります。再就職先での収入が低くなってしまった場合には、対象になるかどうか必ず確認するようにしましょう。

専門職での知識や経験、特殊技能がないと、定年後の再就職は難しいかもしれません。定年前の地位や収入などにこだわらないように就職先を探す必要があります。新しいことにチャレンジすることもいいのではないでしょうか。

少々、収入が低くなってしまっても、アルバイトのような仕事に就いて、趣味を中心とした生活をするというのも、一つの生き方ではないかと思います。

また、定年退職後の就職活動が上手くいかなくても、ネガティブにならないように気をつけましょう。定年まで仕事一本で熱中してきた人ほど、無力感や喪失感に囚われてしまいがちです。しかし、再就職先が簡単にみつからない人のケースの方が多いのです。

自分を採用してくれる会社に出会えるまで、じっくりにがんばりましょう。定年退職後の就職活動の前に、一度、人間ドックなどの健康診断で自分の健康状態をしっかりチェックしておくのもいいかもしれません。定年退職後は無理せず、精神的にリラックスして働けるような就職先を探して、働くというのが、健康のためにはプラスだと思います。





「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

«定年退職の時の挨拶 | トップへ戻る |  定年退職後の趣味は何がいいか»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。