不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

定年延長者の年金支払い

今回のテーマは定年延長者年金支払です。不明な点はしっかりと社会保険庁や社労士に相談するのが一番ではないでしょうか。
それでは本題に入ります。

定年延長者の年金の支払いについては、今のところ、69歳まで徴収されるようになっています。厚生年金は定額部分と報酬比例部分に分かれています。

定額部分は40年以上保険料を支払うことができません。ですので、40年を超えて厚生年金を支払い続けた場合は報酬比例部分だけわずかに支給金額が増えます。

60歳以後も会社勤務を続けて、厚生年金を支払っているケースは、在職老齢年金を受け取ることになるでしょう。その場合、通常の老齢年金に比べ、収入に応じて試算され、減額されてしまいます。

このようなケースの場合には会社と相談して、勤務時間と収入を調整して、厚生年金の徴収対象にならない方法を取る方が得なケースもあります。

65歳以降は、老齢基礎年金に関しては全額受給になります。厚生年金部分は金額調整されるようです。60歳以降は、必ずしもフルタイムで働くのがベストではないケースも発生してきます。

年金に関しては、個人の状況によってかなり違ってくるので、社会保険庁か社会保険労務士に相談するようにしょましょう。

人によっては、高年齢雇用継続給付金がもらえることもありますので、自分にとって何が一番いいのかは、自分ひとりでの判断は難しいからです。

以前から年金に関してはいろいろと問題視されています。健康のためには体を動かしたほうがいいかもしれませんが、事前に確認できることはしっかり行政に質問しましょう。
結局、自分のことは自分で守るしかないかもしれません。

「独立開業で成功」するのなら8万円独立開業マニュアル 仰天!!8万円 独立開業マニュアル

«再就職手当について | トップへ戻る |  公務員の定年年齢や再就職について»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。