不景気に強い新ビジネスとは!!(独立開業)
独立開業

スポンサーサイト

老後資金を簡単に増やす方法

ちょっと前までの時代では、老後の資金は年金で何とかしてきたという方が多かったと思います。しかし、何度も新聞や雑誌、TVで取り上げられているように、年金の受給額は、今後減ってしまいます。今の子供たちの時には年金システムが崩壊しているかもしれません。しかも、物価が上昇するという可能性も考えられます。このようなこともあって、近年は若いうちから自分で老後資金について考える人も増えているようです。老後には限...

解雇理由ランキング

解雇理由で多いものとしては、・遅刻や早退が多い・業務命令を拒否した・うつ病などの病気・会社に合っていない・能力が低いなどがあります。しかし、雇用者が労働者を解雇する条件として、「客観的で合理的な理由」と「その理由が就業規則に書かれている」ことが前提となっています。そして、一般に考えられているよりも、正当だと認められる解雇理由のハードルは非常に高くなっています。先ほど例にあげた解雇理由で多いものも、...

パート解雇の実例

パート解雇のよくある実例としては、・ファーストフード店で「店舗の改装」を理由に解雇・造園店でほとんど仕事を教えてもらえず、いきなり解雇・正社員からパートになった後、業務がこなせないほど増えて、残業を拒んだことによる解雇・賃金未払いを労働基準監督署に内部告発したことを理由に解雇などがあげられます。ファーストフード店などでは、パートやアルバイトが長期間働いて熟練してくると、時給が上がり人件費が増えてい...

労働基準法における解雇

労働基準法における解雇については、分類すると3種類あります。・労働基準法十八条のニで定められている「普通解雇」・重大な服務規程違反に対する懲罰的な「懲戒解雇」・リストラとも呼ばれる「整理解雇」この3種類の場合、雇用者が労働者を解雇する時には、正当な理由が必要になります。解雇理由が正当なものでは無い場合、解雇手続きがきちんと行われていない場合は、解雇を無効にできる可能性があります。労働基準法は、労働者...

会社都合退職と解雇の違い

会社都合退職と解雇の違いに対して、しっかりした定義はありません。懲戒解雇等を除いた形で考えますと、会社都合退職や解雇の場合でも、労働者側には非がなく、会社側に労働契約の解消の原因があるケースが多いかと思います。例を挙げますと、業績不振による人員整理や倒産などが該当します。現状、解雇というよりも会社都合退職という方が両者にとって言葉の重みが軽くなるので、「会社都合退職」という言葉が使われています。他...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
  • seo
SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。